Movable Type
OpenSource 版 (MTOS) Ver4.381 の設置手順

実際の設置にあたっては、最新版を利用するようになさってください。


ダウンロード

https://movabletype.org/downloads/archives/4.xから MTOS-4.381-ja.zip をダウンロードします。

*最新版のMTOSは http://www.movabletype.jp/opensource/mtosdl.html や http://www.movabletype.org/downloads/stable/ から取得できます。

展開とアップロード

取得したソースを展開し、フォルダ名を mt にリネームします。



今回は ユーザフォルダ/html/mt にMovableTypeのプログラムをアップロードすることにします。FTPソフト を立ち上げて mt フォルダごとサーバの html フォルダにアップロードしてください。
※クリックで拡大


アップロードには光回線で15分ほどかかります。アップロードが終了したら、パーミッションを設定します。まずhtml/mt フォルダ内の拡張子が .cgi となっているファイルをすべてパーミッション 755 に変更します。
※クリックで拡大



次のフォルダのパーミッションを 777 にします。
html/
html/mt/
html/mt/db/ (←このフォルダは存在しないので作成してください)
html/mt/mt-static/support/



ブラウザでアクセスしてMTの初期設定

ブラウザで http://独自ドメイン/mt/ または http://www3.biwako.ne.jp/~ユーザ名/mt/ にアクセスします。
「開始」をクリック。
※クリックで拡大

「次へ」をクリック
※クリックで拡大

データベースの種類を選択します。 「SQLite」 を選択します。
※クリックで拡大

「接続テスト」をクリック
※クリックで拡大

「次へ」をクリック
※クリックで拡大

メール送信プログラムに「sendmail」を選択し、 適当なメールアドレスを入れてから 「テストメールを送信」 をクリック
※クリックで拡大

「次へ」をクリック
※クリックで拡大

「次へ」 をクリックすれば設定終了です。
※クリックで拡大


設定が終了したら、先ほど777 にしたフォルダのうち、次のフォルダのパーミッションを 755 に戻しておくと、少し気分的に安心かもしれません。
html/mt/
html/mt/db/



アカウントの作成と最初のブログの作成

MTで記事を投稿するために使用する ユーザー名とパスワードを設定します。
※クリックで拡大


最初のブログを作成します。 今回はWEB2.0っぽく アドレスのトップページをブログにしてみます。 インストールをクリック。
※クリックで拡大

インストールが完了したら 「MovableTypeにサインイン」をクリックします。
※クリックで拡大

ログインできました。初期設定は以上です。
※クリックで拡大



セキュリティ

データベースを保護する

データベースをsqliteで作成していますので、dbフォルダにアクセスできないようにします。html/mt/db/フォルダに次の内容で.htaccessファイルを作成してください。

<Files *>
<Limit GET>
deny from all
</Limit>
</Files>

mt.cgi へのアクセスを限定する

IPアドレスを制限します。html/mt/フォルダに次の内容で.htaccessファイルを作成してください。.vectant.ne.jp と指定すると、びわこインターネット(とその上位プロバイダ)のフレッツ接続からのみ、BLOGの管理や投稿ができます。

<Files mt.cgi>
order deny,allow
deny from all
allow from .vectant.ne.jp
</Files>
びわこインターネットに限らず広く日本国内のプロバイダからBLOGの管理や投稿ができるようにするには.jpを指定します。時々国内のプロバイダにも.jpが付かないプロバイダがあります。例えばYahooBBは.bbtec.netですので必要に応じて追加します。
<Files mt.cgi>
order deny,allow
deny from all
allow from .jp
allow from .bbtec.net
</Files>
逆にボット・ワームが仕込まれることの多い国内のホスティング事業者のドメインを deny from で追加して制限するのも効果的です。